東京都中学校清和会の最新のお知らせや行事予定を配信いたします。

会長挨拶

清和会の「原点と本道」

会長挨拶

 本会定期総会が5月19日(土)に新宿区立新宿中学校で開催されました。諸先輩方や多くの会員の皆様にご参集いただき、総会が円滑に進むことができました。また、本総会において前会長の松尾廣文先生の後任として、会長に選出されました。45年をこえる本会の歴史と伝統を考えると身の引き締まる思いです。微力ではありますが、長年ご指導をいただき、お世話になりました東京都中学校清和会の活動が発展しますよう精一杯努力してまいります。会員の皆様、諸先輩方及び関係諸機関の皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 さて、
東京都中学校清和会は、昭和48年、初代会長柏木末志先生をはじめとして、諸先輩方が、出身大学の派閥を憂えて、一匹狼になりがちに陥ることなく、学閥の弊害に対して是正を目指し、東京都中学校教育の充実・発展に寄与することを目的として発足しました。発足当時の会員数は253名で、平成8年の1623名が過去最高の会員数でした。また、当時の校長選考及び管理職選考の倍率は10倍を超える高倍率となり、研修会の参加者も体育館や教室いっぱいになるほど盛況でした。その後、選考制度の変更に伴い、校長選考及び管理職選考の受験者数も年々減少傾向となりました。そのことも影響し、現在では会員数も900名を切っています。校長及び管理職を目指す熱い志のある教職員の発掘が喫緊の課題となっています。
 現在、学校が抱える課題は、より複雑化・困難化しています。今の子どもたちや、これから誕生する子どもたちが、成人して社会で活躍する頃には、我が国は新たな局面を迎えると予想されます。また、生産人口の減少、グローバル化の一層の進展や人工知能の飛躍的な進化、絶え間ない技術革新により、社会構造や雇用環境は大きく変化しており、予想が困難な時代となっていきます。
 一方、教職員においては、教科指導、生徒指導、保護者・外部対応等により、教員一人当たりの超過勤務時間は1日3時間17分、1ヶ月平均34時間という調査結果となっています。また、新学習指導要領の移行期間として、新たな活動に取り組む中、日常の業務に追われ、長時間勤務が常態化しています。多忙感に打ちひしがれる教員が出ないためにも、学校における働き方改革を念頭に置き「チーム清和会」として、研修の充実を図り、経営力のある校長と指導スキルある教職員の発掘に取り組んでいきます。
 最後になりますが、
時代がどのように変わろうとも正しい方向性を見極め、清和会の本道である「政策の清和」「研修の清和」「行動の清和」の3つの柱をもとに、会員の皆様と英知を結集して難局を乗り越えていく所存です。よろしくお願いいたします。

会長 田代 和正

新着 お知らせ情報

東京都中学校清和会

関連情報

中学校清和会組織

中学校清和会会則

清和会年間計画

顧問・役員・支部長(会員ページ)